スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.02.03 Thursday | - |

第65回毎日映画コンクール 副賞にANA羽田−ロサンゼルス   ビジネスクラス往復航空券!


◇副賞にANA羽田―ロサンゼルス ビジネスクラス往復航空券!

 「毎日映コン」では、受賞者にさまざまな副賞が用意され、今年は羽田空港発着のANA国際線・羽田―ロサンゼルス ビジネスクラス往復航空券が受賞者の中から2人に贈られます。

羽田空港発着のANA国際線ネットワークが大幅拡充!
ANAは2010年10月31日(日)からの羽田空港国際定期便再開にあわせ、羽田=ロサンゼルス、ホノルル、シンガポール、バンコク。台北(松山)の新路線を開設するとともに、香港線のダイヤ変更、ソウル(金浦)線を増便しました。羽田から海外へ、海外から羽田へとANAのネットワークはますます充実します。




 そんな大幅拡充したANA国際線ネットワークを体験できる羽田空港発着のANAビジネスクラス往復航空券がどの受賞者に贈られるか、表彰式の見どころの一つです。

2011.02.02 Wednesday | 第65回毎日映画コンクール |

第65回毎日映画コンクール 受賞結果発表!
 「第65回(2010年)毎日映画コンクール」の各賞が決まりました。表彰式は2月8日に神奈川・川崎のミューザ川崎シンフォニーホールで行います。
受賞作品・受賞者一覧はオフィシャルサイト内のこちらのページをご覧下さい。

表彰式の川崎開催を記念した過去受賞作品アンコール上映会も開催予定です。
詳しくはこちら

また、第65回毎日映画コンクール受賞作品の「特別鑑賞会」へ計200人を抽選で招待します。
応募の詳細はこちら
2011.01.18 Tuesday | 第65回毎日映画コンクール |

表彰式にご招待
第65回毎日映画コンクールの「表彰式」を2月8日、川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行います。開場午後2時半、開式同3時10分。表彰式は東京交響楽団とテアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラの特別編成(飯森範親指揮)による演奏演出で行います。計50人を抽選で招待します。

出席希望者は往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、希望人数(1人もしくは2人1組)を明記し、〒100―8051(住所不要)毎日新聞社事業本部内「毎日映画コンクール表彰式」係へ(1月28日必着)。

2011.01.18 Tuesday | 第65回毎日映画コンクール |

毎日映画コンクール:選考始まる
心に響く物語、映像美

第65回毎日映画コンクール」の1次選考が終了し、候補作・者が出そろいました。作品部門の邦画候補5作と、2次選考委員の顔ぶれなどを紹介します。前回に続き「映像のまち」「音楽のまち」川崎市と協力し、表彰式を来年2月8日、ミューザ川崎シンフォニーホールで行います。各賞は同1月下旬に発表します。

 
毎日映画コンクールは、「作品」「俳優」「スタッフ」「アニメーション」「ドキュメンタリー」の各部門で作品、個人を顕彰します。「作品」「俳優」「スタッフ」部門は、映画評論家ら約80人の投票で1次選考を行い、得票上位が2次選考候補となります。「アニメーション」「ドキュメンタリー」部門は作品を公募し、討議による1次選考で2次選考候補作を決める。2次選考はいずれも討議で決定。ただし外国映画ベストワン賞は、1次選考委員による2回の投票で決定します。また映コン諮問委員の討議で、特別賞が贈られます。TSUTAYA映画ファン賞は、インターネット投票で決定。各部門の賞は以下の通りです。

……………………………………………………………………………………………
◇悪人
 吉田修一の小説が原作。祐一は出会い系サイトで知り合った光代と愛を深めていく。しかし、それ以前に知り合った佳乃を殺害していた。殺人事件にかかわった人々をリアリズムあふれるタッチで描き、日本の今を浮き彫りにした。
 男優主演、同助演、女優主演、同助演、監督、脚本各賞で候補に。深津はモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した。

 監督 李相日
 脚本 吉田修一、李相日
 撮影 笠松則通
 出演 妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、柄本明

……………………………………………………………………………………………
◇告白
 中学校の終業式。担任教師森口が、学校のプールで娘が死亡した事件の真相を語り始める。「娘は、クラスの中の2人に殺されました」
 森口、森口の後任教師、犯人の一人の母親、そして犯人たちの“告白”が続く。湊かなえの小説を映画化した。「嫌われ松子の一生」の中島監督が、独創的な物語展開と映像感覚で作り上げた衝撃作。

 女優主演、監督、脚本、録音の各賞で候補入りした。
 監督・脚本 中島哲也
 撮影 阿藤正一
 出演 松たか子、岡田将生、木村佳乃

……………………………………………………………………………………………
◇十三人の刺客
 1963年に工藤栄一監督が撮った同名映画のリメーク。多彩な活劇シーンを縦横に展開した、スケール感のある痛快娯楽時代劇。
 明石藩主暗殺の命を受けた御目付役の島田ら13人が、参勤交代の要所落合宿で300人の敵と戦う。ベネチア国際映画祭にも出品された。
 稲垣、伊勢谷が男優助演の他、監督、撮影、美術、録音、技術の各賞で候補入り。

 監督 三池崇史
 脚本 天願大介
 撮影 北信康
 出演 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、稲垣吾郎

……………………………………………………………………………………………
◇春との旅
 孫の春と共に、身の寄せ所を求めて、疎遠だった兄、姉、弟の元を訪ね歩く老漁師忠男。春もまた、家を出た父親との再会を決意する。高齢化社会の日本の現実を取り込みながら、2人の旅を通して家族の絆や人のぬくもりを描く。小林監督が10年間温めた脚本の、念願の映画化。
 徳永がスポニチグランプリ新人、女優主演両賞で候補となったほか、男優主演、監督、脚本、録音各賞で候補入り。

 監督・脚本 小林政広
 撮影 高間賢治
 出演 仲代達矢、徳永えり

……………………………………………………………………………………………
◇ヘヴンズ ストーリー
 全9章、4時間38分の大作である。家族を殺された少女、妻子を殺された若い夫、復讐(ふくしゅう)代行を副業にする警官、理由なき殺人を犯した青年など、20人以上が複数の殺人事件でつながっていく。憎しみや復讐の先にあるものを提示した渾身(こんしん)の一作。
 女優助演、監督、脚本、音楽、録音の各賞でも候補となっている。

 監督 瀬々敬久
 脚本 佐藤有記
 撮影 鍋島淳裕
 出演 寉岡萌希、長谷川朝晴、忍成修吾、村上淳、山崎ハコ、江口のりこ

……………………………………………………………………………………………

◆2次選考委員
【作品部門】
◇有馬稲子さん
女優。映画「東京暮色」「夜の鼓」「わが愛」など。150本以上の舞台に出演し、「はなれ瞽女おりん」は24年間で684回も公演。朗読公演にも力を入れる。


◇岡本みね子さん
映画プロデューサー。37年、東京生まれ。夫で映画監督の岡本喜八と70年喜八プロを設立し、喜八監督をプロデューサーとして支えた。91年「大誘拐」で藤本賞。


◇佐藤忠男さん
日本映画学校校長・映画批評家。30年、新潟県生まれ。雑誌「思想の科学」などの編集長をへて、映画中心の評論活動を手掛ける。近著に「教育者・今村昌平」(編著)など。


◇品田雄吉さん
映画評論家、多摩美大名誉教授。30年、北海道生まれ。映画雑誌「キネマ旬報」などをへて、映画評論活動に入る。著書に「監督のいる風景」「銀幕の恋人たち」など。


◇中原昌也さん
作家、ミュージシャン。70年生まれ。音楽活動は「HAIR STYLISTICS」名義。「あらゆる場所に花束が……」で三島由紀夫賞、「名もなき孤児たちの墓」で野間文芸新人賞


 
【俳優部門】
 内海陽子(映画評論家)
 襟川クロ(映画パーソナリティー)
 佐藤雅昭(スポーツニッポン編集委員)
 澤井信一郎(映画監督)
 寺脇研(映画評論家)
 松島利行(同)
 渡辺浩(映像評論家)

【スタッフ部門】
 上野昂志(映画評論家)
 小野民樹(大東文化大教授)
 恩地日出夫(映画監督)
 柏原寛司(脚本家・監督)
 きさらぎ尚(映画評論家)
 北川れい子(同)
 小池晴二(映画美術監督)
 塩田時敏(映画評論家)
 筒井武文(編集)
 野島孝一(映画ジャーナリスト)
 松本隆司(録音監督)

【ドキュメンタリー部門】
 戸田桂太(撮影監督)
 野村正昭(映画評論家)
 村山匡一郎(同)
 森まゆみ(作家・編集者)

【アニメーション部門】
 古川タク(アニメ作家)
 真賀里文子(同)
 三留まゆみ(映画評論家)
 山口康男(アニメ批評)
2010.12.21 Tuesday | 第65回毎日映画コンクール |

TSUTAYA映画ファン賞2010中間発表!投票受付中!
  ◆あなたの投票で決定!TSUTAYA映画ファン賞2010中間発表!投票受付中!

 DVD・CDなどのレンタル販売店TSUTAYAが協力する「TSUTAYA映画ファン賞」は、日本映画、外国映画のファン投票1位作品に贈られる。12月6日現在の中間集計では日本映画は「海猿」、外国映画は「エクリプス」が首位。現在も投票受け付け中だ。今年1〜12月に劇場公開された作品が対象で、投票はTSUTAYAのウェブサイトと携帯サイト「TSUTAYA online」(http://tsutaya.jp/fan/=パソコン、携帯電話とも共通)から。27日まで。投票者の中から抽選で100人に、Tポイント1000ポイント分が当たる。

 ◇中間得票
 ◆日本映画◆
 <1>THE LAST MESSAGE 海猿       2521
 <2>SP THE MOTION PICTURE 野望篇 1503
 <3>告白                        1070
 <4>十三人の刺客                     776
 <5>大奥                         697
 ◆外国映画◆
 <1>エクリプス/トワイライト・サーガ          1399
 <2>トイ・ストーリー3                 1328
 <3>ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1       1257
 <4>ナイト&デイ                    1090
 <5>インセプション                    937
 (12月6日現在。総投票数3万2698票)
Check
2010.12.21 Tuesday | 第65回毎日映画コンクール |





Link
New Entries
Category
Archives
Search this site
Mobile
qrcode